頭頸部外科のご案内

診療内容

 耳鼻咽喉科が診療している口腔、咽喉頭、耳、鼻、甲状腺、唾液腺(耳下腺や顎下腺)、頸部などの中で、主として腫瘍性疾患の診断、手術を行います。具体的な病名としては、甲状腺腫瘍(甲状腺癌や甲状腺腫など)、唾液腺腫瘍(耳下腺腫瘍や顎下腺腫瘍)、口腔腫瘍(舌癌、歯肉癌など)、咽喉頭腫瘍(喉頭腫瘍、中咽頭癌、下咽頭癌など)、鼻腔腫瘍などが挙げられます。口腔、咽頭、鼻は、生体の入り口であり、外から様々な物質や細菌・ウイルスが侵入してきます。そのため炎症も多い部位なので、炎症によるリンパ節腫大や腫瘤なのか、手術が必要な腫瘍なのか診断する必要があります。また腫瘍であれば良性か悪性かの診断も必要です。このような鑑別診断や治療方針の決定を行うために近隣の医療機関から当院に紹介受診される患者さんも多くおられます。頭頸部外科の手術は会話、食事に影響しやすく人目に見える部位ということで患者さんは疑問や不安を抱えていることも少なくありません。頭頸部の癌は、肺癌、大腸癌などに比べれば罹患者数は少ないですが、頭頸部がん専門医も少なく(静岡県は13名)、詳しく相談できる施設も限られています。当科部長は静岡がんセンターに19年間在籍していたため頭頸部がんの治療経験が豊富で頭頸部がん専門医です。ご気軽にご相談頂ければと思います。なお頭頸部癌の進行した症例では、手術で口腔や咽頭の組織を大きく切除せざるを得ない場合や、抗癌剤を併用しながら放射線治療を行う場合があります。このような症例は当院で診断した後に静岡がんセンター等に予約をとって紹介いたします。

日本耳鼻咽喉科学会ホームページより改変

甲状腺腫瘍(甲状腺癌や甲状腺腫など)

頸部のしこりで発見されることが多く、健康診断で指摘されることもあります。もし癌であっても、そのほとんどが手術をすれば大変治りやすい癌です。エコーや細い針で細胞を採取して癌かどうか診断します。甲状腺腫などの良性腫瘍では頸部が大きく腫れていたり、また腫瘍のために頸部の違和感が強い、悪性の疑いがあるなどのときに手術を行います。手術の時は、声帯を動かす発声に関与する神経(反回神経)が甲状腺に接して深部に隠れており、この神経を傷つけないように術中にモニターしながら手術します。

耳下腺腫瘍

多くは耳の周囲のしこりでみつかります。良性の場合が70%程度です。良性腫瘍でも多形腺腫の場合は悪性化する可能性がありますので、基本的に手術をお勧めしています。耳下腺内には閉眼したり口唇や頬を動かす顔面神経が網の目状に走行しています。手術の際にはこの神経を術中にモニターし顔面神経へのダメージを最小限にします。また耳下腺手術では通常、耳の前から下のかけてS状皮膚切開を行いますが、傷が目立たないように皮膚切開をうなじ方向に行う(Facelift incision)こともあります。

舌癌

口腔内の悪性腫瘍では舌癌が50~60%を占めます。多くの舌癌は舌の側面に歯や義歯が接触しておこります。平均年齢は60歳前後ですが20歳台の若い人にもみられるので注意が必要です。舌の同じところにできた口内炎が3週間以上治らない場合はすぐに耳鼻咽喉科や歯科の受診をお勧めします。治療は病変を切除しますが、もともと舌は会話や食事に必要な体積よりも十分に大きいので、舌全体の3分の1程度を切除しても困るような障害は残りません。早期に診断できれば手術で後遺症なく80~90%は治ります。

 ※口腔がんとは(疫学、治療、予防など)動画

  ↑静岡がんセンターへのリンク

 

喉頭腫瘍

● 声帯ポリープ・・・大きいものやがんとの鑑別が必要な場合は全身麻酔で病変を切除します。なるべく声が悪化しないように行います。

● 声帯白板症や声帯癌・・・中~高年の男性に多く、喫煙歴が大きく関与します。喫煙歴があって声がかれる、出しにくいなどの場合は耳鼻咽喉科を受診してください。多くは診断のために声帯からの組織採取が必要となります。咳反射で組織採取が難しい部位ですので、全身麻酔で検査を行うこともあります。

中咽頭癌

中咽頭癌は扁桃腺やその周囲、舌根などにできる癌です。中咽頭癌の原因は、飲酒、喫煙によるものとHPV(ヒト乳頭腫ウイルス)によるものがあります。HPVによる中咽頭癌はここ10年程度で増加傾向にあり、本邦の中咽頭癌の約6割はHPVによるものです。頸部リンパ節の無痛性のしこりで発見されることが多く、40歳台から高齢者までに見られます。比較的治りやすい癌であり治療法は手術や射線治療どちらでも根治可能です。しかし放射線治療は原則として頭頸部には一生に一度しか施行できないため、根治後にまた新たな頭頸部がんができた時のことを考えると、若年者ほどなるべく放射線治療以外の治療法(抗癌剤と手術の組み合わせ)が推奨されます。

下咽頭癌

下咽頭は食事の通路で、食道の上で声帯の高さ付近にあります。発癌に過量飲酒(アルコール量で毎日40g以上の飲酒)が関係しています。咽頭痛、頸部のしこりで発症することが多いです。早期発見できれば内視鏡で病変を切除するだけで後遺症なく治せます。最近では胃食道内視鏡検査で無症状の早期の下咽頭癌が発見されることも多くなりました。

手術執刀数:2016~2020年(他施設分を含む)

甲状腺腫瘍139例(悪性110、良性29)、舌癌91例、咽頭癌90例、喉頭癌29例、耳下腺腫瘍27例(悪性10、良性17)、歯肉癌53例、鼻副鼻腔癌23例など

診療時間・担当医表

 日・祝
午前鬼塚 哲郎手術鬼塚 哲郎手術鬼塚 哲郎【休診】【休診】
午後鬼塚 哲郎手術鬼塚 哲郎手術鬼塚 哲郎【休診】【休診】

医師紹介

部長 鬼塚 哲郎(おにつか てつろう)

専門分野:頭頸部腫瘍、甲状腺腫瘍

学会専門医

日本耳鼻咽喉科学会(専門医、指導医)

日本頭頸部癌学会(代議員、監事)

日本頭頸部外科学会(頭頸部がん専門医、指導医)

日本耳鼻咽喉科臨床学会

医学博士

静岡がんセンター特別非常勤医師

フロアガイド

1 受付・会計 6 脳波検査室11 CT室16 夜間救急入口
2 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 7 中央検査室12 脳神経外科・外科・泌尿器科17 売店
3 内科・循環器内科・点滴室 8 X線TV室13 救急部
4 生理機能検査室 9 一般撮影室214 整形外科
5 生化学検査室10 一般撮影室115 MRI室

診療科目