循環器内科のご案内

診療内容

 ヒトは血管と共に老いると云われますが、心・大血管を含む循環器系疾患の死因は、悪性新生物(がん)と1~2位を争い、さらに1つの臓器として死因を考えると、心臓がトップとなります。しかし、面白いことに「心臓のがん」は皆無で、心臓から始まる循環器系臓器は「がん」とは異なる扱いが必要になります。

 現在においても、がん治療の基本は「早期発見・早期治療」ですが、循環器系疾患においてはやや意味合いが異なります。循環器系疾患の多くは動脈硬化から始まります。もちろん加齢に伴う動脈硬化はありますが、問題となるのは「病的な動脈硬化」です。最近は、この「病的な動脈硬化」のメカニズム解明が進み、早期よりの予防が可能となってきました。このため、循環器系疾患を診る場合の基本は、「早期よりの予防、即座の診断・治療」が重要となります。

 そして、当院循環器内科の特色も、「早期よりの予防、即座の診断・治療」に力を注いでいることです。といっても難しいことを行うわけではなく、外来では血圧管理に始まり、狭心症に代表される虚血性心疾患、不整脈、弁膜症などを中心に、病気の発症予防(1次予防)ならびに再発予防(2次予防)を患者さんと共に考え診療を進めています。

診療時間・担当医表

 日・祝
午前塩澤 知之(循)【休診】古藤 弾(循)榎本 栄(循)守屋 壮志(循)【休診】【休診】
午後塩澤 知之(循)【休診】古藤 弾(循)【休診】【休診】【休診】【休診】

医師紹介

医師  塩澤 知之(非常勤)

専門分野:循環器全般・不整脈疾患

学会専門医

内科認定医(日本内科学会認定)

循環器学会専門医

不整脈心電学会専門医

医師 古藤 弾(非常勤)

専門分野:循環器内科一般

医師 榎本 栄(非常勤)

専門分野:循環器科・心臓血管外科

学会専門医

循環器学会専門医

心臓血管外科専門医

医師 守屋 壮志(非常勤)

専門分野:循環器内科一般

フロアガイド

1 受付・会計 6 脳波検査室11 CT室16 夜間救急入口
2 耳鼻咽喉科 7 中央検査室12 脳神経外科・外科・泌尿器科17 売店
3 内科・循環器内科・点滴室 8 X線TV室13 救急部
4 生理機能検査室 9 一般撮影室214 整形外科
5 生化学検査室10 一般撮影室115 MRI室

診療科目