医療人社団志仁会 三島中央病院看護部について

 病院の隣を流れる源兵衛川の水は美しく、川面からの清々しい風を運んでくれます。 また、川面に揺れる三島梅花藻(小さな白い花が咲く水中花)をはじめ、季節の花々が咲き、夏には蛍も飛び交います。 運良く美しい青色のカワセミに出会う事もあります。病棟のデイルームからは、富士山、箱根などの景色も望め、三島市の中心部にありながら自然に囲まれた素晴らしい環境にあります。
三島中央病院看護部では、ナイチンゲールが提唱した看護とは何か(看護の原理)に基づく看護実践に取り組み、 人間に備わる自然治癒力が十分に働くための援助を行っています。

 地域に密着した医療を担うため、安全・確実に治療が受けられ、 また、突然の病気の発症や悪化に伴う、患者さんやご家族の痛みや不安に寄り添い、 その苦痛を癒やすことに努めています。
そして、看護の専門職として、全てのスタッフが良い看護体験ができ、やりがいをもっていきいきと働き続けられるための職場環境作りと人財育成を目指しています。

 2025年に向かい、医療・看護を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。 その変化に柔軟に対応し、地域の求める当院・当看護部の役割を確実に果たせるよう努力して参ります。

医療法人社団志仁会

三島中央病院

看護部長 菊池真貴子

理念・基本方針

看護部理念

 三島中央病院の看護職員は、患者さんが安全かつ確実に治療が受けられ、自然治癒力が十分に働くように最良の条件を作り出すように援助します。
また、地域の健康への期待と治療の発展に寄与できる専門職としての看護実践を目指します。

 

看護部の基本方針

・私達は、患者さんの安全を守るためのルールを遵守し、診療チームの一員として協働します。

・私達は、「ナイチンゲール思想」を基に患者さんの生活を創造的且つ健康的に整え、
患者さんの『持てる力』が十分に発揮できるように生活過程を整えます。

・私達は、患者さん・ご家族の痛み・辛さ・心配や不安を表出できる環境作りと、それを
軽減するための努力を惜しみません。

・私達は、患者さん・ご家族の疑問点等に対して、理解して頂ける言葉で丁寧に説明する努力
をします。

・私達は、患者さん・ご家族に『第一級の看護』が贈れるよう、常に謙虚に自己研鑽します。

看護部 組織図

看護部 機能図

2019年度 看護部目標

1 医療安全教育の徹底を図ります

  1) 患者誤認(患者間違い)ゼロを目指します

  2) 定期的なルール遵守状況の確認と意識付けを行います

2 臨床看護実践能力の向上を目指します

  1) 看護師のアセスメント能力の向上を図ります

  2) 看護記録の質向上を図ります

  3) 中堅看護師育成を強化します(特定行為研修・認定教育支援を行います)

3 ACP(人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセス)における、

  患者さんやご家族の意思決定を支援するための教育を行います

  1) 外来と病棟間の連携を強化します

  2) 中堅看護師の教育の質を向上します

4 職務満足(ES)の向上を図ります

  1) 勤務環境改善活動を推進します

  2) 目標管理支援の充実を図ります

看護部の活動

患者のもてる力に焦点をあてた看護

 KOMIケア理論の実践

 (自然治癒力や身体内部の回復のシステムが働きやすい条件を創り出す看護援助)

 KOMIケア理論は、ナイチンゲール看護思想を基にした現代ケア論であり、創始者である金井一薫氏の名にちなむと共に、Kanai Original Modern Inovatinの意味を持ちます。人間の持つ自然治癒力を信じ、失われたものを追いかけず、良いところを探し高める援助。看護の喜びをすべてのスタッフと共有できることを目標に看護実践をしています。

タクティール®ケア

 看護部では、手を使った看護を大切にしています。

 タクティール®ケアは、手や足や背中を優しく触れるスウェーデン生まれのタッチケアです。心地よさやオキシトシン分泌をもたらし、自律神経系のバランスを整えます。また、痛みや吐き気、認知症の行動心理症状(BPSD)やせん妄にも効果があると云われています。院内での受講支援などにより、研修を受けた30名以上の看護師、看護助手が中心となり患者さんに提供しています。

 株式会社日本スウェーデン福祉研究所へのリンク → タクティール®ケア(http://jsci.jp/taktil/)

背面開放座位

 患者さんの離床への援助として、背面開放座位保持具Sittan®を用いた病棟内リハビリを取り入れています。寝たきりの状態は無重力状態に近く、身体の廃用(使わないことによる機能低下)を招きます。脊柱を立て、首を自力で保持し、足底を床に着けた姿勢をとることで、身体の機能が回復していきます。また、視界の変化や交感神経への刺激が脳の覚醒を促し、表情が豊かになったり、会話が増えたりします。この様な良い変化を患者さんとご家族、スタッフが共有し看護の糧としています。

院内デイサービス:愛称かるがも

 ご高齢の方の生活リズムを整え、入院生活に楽しみを提供します。規制の多い入院生活の中で、気分転換を図り、その方らしさを表現するコミュニティの場でもあります。病気や入院によるストレスを癒すための時間となる事を願っています。毎週火・金曜日の午後、各病棟から数名ずつの病状の安定した患者さんが集い楽しんでいます。体操、ボール投げ、ゲーム、懐かしい歌を歌った後、嚥下に配慮した美味しいおやつとお茶の時間を楽しみます。看護師、看護助手も患者さんの笑顔に癒やされています。

ICLS研修

 救急医療を担うため、救急蘇生法であるICLS学習に取り組んでいます。TSAのICLSコース開催や、院内研修会を行っています。

(インストラクター5名、受講者55名)

災害支援ナース育成

災害時に備え、災害支援ナース育成を行っており、静岡県看護協会災害支援ナース登録者数は13名となっています。

地域との繋がりを大切にした関わり

 看護部では、医療ソーシャルワーカーと協力して、患者さんが安心して入院生活や退院後の生活をお過ごし頂けるための支援をしています。退院調整看護師や看護部退院支援チームを中心として、退院支援に関する学習会や支援の体制作りを行っています。

チーム医療の実践

 NST(栄養サポートチーム)、ICT(院内感染対策チーム)、褥創対策チームが医師・看護師・栄養士・薬剤師・検査技師・リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカーなど、部門を超えて活動しています。

ナイチンゲールKOMIケア理論学習会

2015.1.23

「金井一薫先生講演」テーマ:急性期の現場でKOMIケアをどう活用するか

サブテーマ:看護の本質に基づく看護の展開こそ、目指す看護の姿

創始者の金井一薫先生をお招きして看護のすばらしさと実践での活用方法を学ぶ。

金井一薫先生ブログへのリンク → KOMIのブログ(http://blog.goo.ne.jp/fnkomi)

地域のニーズに対応する活動

「ふれあい看護」
「高校生1日ナース体験」:患者さんの気持ちを体験しよう

「救急救命士の病院実習」

看護学校実習生受け入れ
「医看工連携・ミシマ」

 日常業務から生まれたアイデア(腰痛防止の為のキャスター付きポータブルトイレ)を実用化しました

「クリスマスコンサート」

看護研究活動

・看護事例研究発表(2年目)
・看護研究発表(各部署)
・院外発表
(ナイチンゲールKOMIケア学会・日本看護学会・静岡県看護協会東部地区支部)
・入院オリエンテーションの看護補助者への委譲
・端座位保持具Sittanを用いたKOMIケア理論の実践
・自然に働きかける1つのかたち
~急性期病院にタクティールケアを導入して~
・認知症患者に対する看護者の気持ちと行動の変化
~ユマニチュードを用いて~
・牽引中の腓骨神経麻痺予防の為の安楽な姿勢保持の取り組み

魅力ある職場作りチーム

 魅力ある職場をつくるためのチーム活動として、多職種参加のバーベキュー大会や、球技大会、働きがいアンケートによる職場環境の改善などに取り組んでいます。

  <三島成人式記念駅伝大会にて>

各部門紹介